top of page
検索
  • 執筆者の写真ohyama shinji

新型クラウンスポーツ その1

カービューティープロ 神戸 リタイキガイ 代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナー様を応援します!


カーディテーリングは、クルマを細部まで徹底的してキレイにし、クルマ全体を美しくする作業の事です。

そして貴方の愛車を、この世に一台の作品に仕上げます。



皆さま、久しぶりの投稿になりました。


初心に立ち返っって、定期的に皆様に情報を発信して参ります。

よろしくお願いいたします。


今回のお客様は、知人でもある、大阪の製造業の会社経営者様です。

ご依頼頂いたのは、新型クラウンスポーツ。


御存じの通り、新型クラウンは2022年発売のクロスオーバーを皮切りに、スポーツ、

セダン、エステートとラインナップを揃え、大人気の車種です。


今回はその中のスポーツ。


斜め後ろからみた第一印象は、まるでポルシェマカン。



お客様から、このクラウンスポーツは

後ろのデザインを決めてから、全体のデザインをしたとの話を伺いました。

納得!。


そして、このタイヤのデカさ(21インチ ミシュランタイヤ)。

グロスブラックのアルミホイールが渋いですね。



お車を3日間お預かりして、じっくりと施工させて頂きました。



納車後約4カ月でしたが、エンブレムの汚れを始め、ボンネットには鉄粉が想像以上についていました。製造業というお仕事柄もあると思いますが、周囲の環境に影響を影響をうけます。


洗車後、研磨作業の為、縁の塗装を剥がさなように、しっかりとマスキングします。




正直申し上げて、新車の黒は気を遣います。

黒はいい意味でも、悪い意味でも目立つからです。

だからこそ、やりがいがあるのですが(笑)


いよいよ研磨作業です。


改めて、なぜコーティングするのに、わざわざ研磨する必要があるのか?

たとえ4カ月でも、知らず知らず細かい擦りキズがどうしても入ります。

その細かいキスを無くすことで、ボディーに当たる光の反射を一層際立たせることができるからです。


実際、この車も、ご覧のよう細かいキズが何か所かありました。

それを、このような機械を使って、研磨していきます。




結果




ご覧の通り、キズが無くなりました。


こうした作業を徹底してやります。

コーディングの仕事の8割は下地作りです。

時間はかかりますが、そうでない施工車とは、仕上がりの違いが大きく出てきます。


次回へ。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page