検索
  • 大山信二

日産 フーガ ルームクリーニング開始 その1

カービューティープロ 神戸の代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナーを応援します!


前回、ルームクリーニングについて少し書かせてもらいました。

今日は、本題に入ります。


ルームクリーニングに使うケミカルです。

室内は、イオンマルチクリーナーがメインです。

これは、主にダッシュボードや、コンソール、ドアパネルなどのプラスチック部分の汚れとりに使います。


とにかく、よく落ちます。

マジック、口紅、油汚れ以外は、ほとんど落ちます。


もし落ちなかったら、油性汚れを取るC61、さらにL16というケミカルで落とします。


大体この3つのケミカルで取れます。

ただし、深いキズにはいりこんだ汚れは、取れない場合もあります。


作業手順としては、まずフロアマットの洗浄から開始です。





フロアマットは、大きなごみを吸出し、専用の洗剤で汚れを洗い流します。

フロアマットはなかなか乾きません。

ので、この後1日以上干します(自然乾燥)。



この後は、下廻りを本格的にやっていきます。

その前に、ステップにマスキングです。

大切なお車を何かの拍子に気づ付けないように、万全を期します。



手始めに、アクセル、ブレーキ、フットレストの掃除です。


恐らく、オーナーさんもここはやらない部分かと思います。

普段あまり見ないか、見てもあまり気にしない下の所ですからね。


でも足元が光るってかっこいいですよね。


プロのキレイへの拘りはこうした部分から始まります。




閲覧数:7回0件のコメント