top of page
検索
  • 執筆者の写真大山信二

神戸市灘区の先輩PROのお店にご挨拶 ープロの技を見ましたー

更新日:2022年3月18日

カービューティープロ 神戸の代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナー様を応援しています!


本日は、明石市の先輩PROに引き続ききまして、神戸市灘区にある

Le couerさんに、ご挨拶に行って参りました。


オーナーは、菊池英喜代表。

人当たりのいい方です。


お歳を伺うと50歳とのことでしたが、全然若く見える方です。

ご自宅のガレージを改装してお店されたそうです(私と同じだ)。


Le couerの意味は、フランス語で「心」だそうです。

オーナーの理念が伝わってきます。


菊池さんのお店の特徴は、

ラッピングオンリーということです。


すごい!


長年、内装業をやっておられ、5年ほど前からラッピングを始められたとのこと。


たまたまお客様のクルマを施工中でした。

伺うと、わざわざ徳島県からのお客様で、フルラッピングを依頼されて来られたそうです。

お客様曰く、徳島に要望を叶える業者がなかったそうです。


理由は、

内装部分まで、ラッピングしたかった為です。


聞けばめったに、内装までのラッピング依頼はないそうです。納得。


ご覧のように、内装のラッピング途中(レッドからグレーへ)ですが、

見事としてか言いようのない仕上がりです。

外せる部品を外し、キレイにフィルムを張っています。


因みに、写真のドア内のレッドのヒンジは、この後剥がせるペンキでグレーに塗るそうです。


プロの仕事だ。


私はラッピングはやってませんが、 もし依頼がきたら間違いなく、


菊池さんに依頼します!



閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page