検索
  • 大山信二

解説 PC-V 3種類

更新日:4月16日


カービューティープロ 神戸の代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナーを応援します!


本日は、PC-V 3種類を解説します。



特徴


◆ガラス組成物と同じ、ケイ素化合物で組成されています。従って、酸性劣化しにくい被膜を組成します。


◆表面硬度は、塗膜硬度※プラス1~1.5Hにすることで塗装の収縮に対しても柔軟に追従して、ヒビ割れ等を起こすことがありません


※JIS規定で、塗装塗膜の硬さ、傷の付きにくさを数字で表したもの。

右から、6B 5B 4B 3B 2B B HB F H 2H 3H 4H 5H 6Hの順番で硬い(鉛筆の芯の規格)。


◆お客様の水弾きのお好みに応じて、撥水性、低撥水性、親水性の3TYPEよりお選び頂けます。


PC—V200


◆被膜構造が撥水基を化学結合させることで水弾き効果を高めました。被膜上部に配列された撥水変換型特殊シランが、下部のガラス被膜にしっかり結合して撥水効果を長期間持続します。


PC—V250


◆タイプの異なるシランを複数使用することで立体的な被膜構造となり、さらに光沢を出す為の表面処理剤を配合しました。よって耐久性のある優れた光沢と適度な撥水が持続する被膜が構成されます。



PC—V300


◆シランの中でも単体で撥水性の低いタイプのものを使用しています。触媒作用により構成被膜表面に親水基を出すことで、空気中の水分を常に吸収し表面を常に濡れたような状態にします。撥水の少ない被膜により、水垢、雨染みの固着を最大限防止します。



お値段と効果のバランスがとれたコーティング剤です。

加えて、撥水性のお好みからも、選びやすい製品となっています。


閲覧数:0回0件のコメント