検索
  • 大山信二

BMW(5シリーズ) ウインドウエッジモール磨きです

カービューティープロ 神戸 リタイキガイ 代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナー様を応援します!


カーディテーリングは、クルマを細部まで徹底的してキレイにし、クルマ全体を美しくする作業の事です。

そして貴方の愛車を、この世に一台の作品に仕上げます。


本日は、BMW(5シリーズ)のウインドウエッジモール磨きの様子をご紹介します。

オーナー様は神戸市内のY様です。


5シリーズとなると、全長も全幅も大きいです。

存在感が違います。




改めて、ウインドウエッジモールをなぜ磨くのかについてご説明します。

特に多くの輸入車や上級の国産車には、ウインドウの周りにステンレス製のモールが張り巡らされてます。


見た目にも高級感がでます。


但し多くの場合、経年とともにモール部分にいわゆる『白さび』が付着してきます。

ガレージ保管のクルマだとその影響はほとんど出ないのですが、雨、湿気、紫外線にさらされ続けるとそれは顕著にでてきます。



白さびについて


白サビは、亜鉛めっきの表面が空気中で酸化し発生するチョークの粉の様な白い粉末状のサビを言います。


また。赤サビの発生メカニズムと同じく、空気と水分と亜鉛が反応することで発生します。


赤サビと異なる部分としては、”鉄”ではなく”亜鉛”が錆びてできた”塩基性炭酸亜鉛”が普段目にする白色の粉の正体になります。




今回の、Y様のおクルマは購入されて約5年程、ガレージなどには保管されておられませんでした。


恐らく、そういった環境下だったため、白さびが付着したと思われます。


ご覧のような白さびが付着していました。




早速作業開始。

まずはボディーを傷めないように、外周をマスキングします。


続いて研磨です。

メタルリフレッシャー(超々微粒子研磨剤)と、アブラロン4000番。


これを手作業で、ごしごしやります。


なんとか目立たなくなりましたが、まだまだです。



まだまだ元通りというのは厳しい感じですが、1つ1つ消していくしかありません。


この続きは改めて。



最後までご覧頂きありがとうございました。


当店は、

◆景色が映るようなキレイな外観にしたい

◇洗車を短時間でキレイにしたい

(面倒くさい、仕事や子育てがあり時間が取れない、体が痛い等)

◆子どもが嘔吐したニオイを消したい

◇(女性の場合)乗り降りの際、ドアポケットでネイルをキズつけたくない

◆ヘッドライトの黄ばみを取りたい

◇(輸入車に多い)ウインドウモールの白さびを取りたい

◆雨の日、ウインドウ越しの景色を見やすくしたい

◇乗換えるので査定額を上げたい


そんな愛車のお悩みを解決致します。

                    カービューティープロ 神戸 リタイキガイ

                    代表 大山信二

閲覧数:6回0件のコメント