検索
  • 大山信二

なぜカービューティープロなのか!? その2

カービューティープロ 神戸の代表の大山信二です。

カーディテーリングで、愛車を大切にするオーナー様を応援しています!


本日は、なぜカービューティープロ(CBP)を選んだのかについて、

その1に引き続き、ご紹介していきたいと思います。


前回、CBPに決めた理由に、同社の内田さんの存在があったことを書きました。


内田さんは、私がCBPについて半信半疑だったころ、お話した最初のスタッフの方でした。

当初より、その丁寧な言葉遣いと、気配りのある話しぶりに、会社としての信用性を感じました。


というのも、以前にコンタクトしていた某会社は、コロナを理由に会社としてスクールを開始するのかしないのか、返事を先延ばしにしていました。

3か月ほど待ち、業を煮やしてこちらから再度確認すると、


「スクールをやるかどうか、まだわかりません」と。


やはりお客様の窓口になる人(受付、営業マンなど)が、会社自体の印象を決めますね。


大変興味が沸いてはいましたが、お金のかかることでもあり、当然迷いはありました。


「よろしければ、スクールの様子を見に来られせんか?」

「生徒さんの授業の様子を見られてから、入学するかどうかを決めていかがですか?」


内田さんが、私の背中を押してくれました。

二つ返事で行くことにしました。


そして、コロナ波が収束した2021年9月末、東京都世田谷区にあるCBPスクールに出向きました。



そこで、生徒さんの授業の様子を丸一日見学させて頂きました。




見学の合間には、内田さんがCBPについてスライドを使い、丁寧に解説してくれました。


37年のスクールの歴史

2300人を超える卒業生

コーティング、クリーニング、フィルム、そして、近年はラッピングコースも。


コーチ陣も、高井校長先生、森山先生、滝澤先生。

スタッフを併せると10名近くの会社でした。


帰り道、CBPスクールの入校への気持ちは固まっていました。


続きはまたいずれ。




閲覧数:7回0件のコメント